HOME NEWS FORUM PHOTO GALLARY EVENT CALENDER LINK FAQ CONTACT
検索
メインメニュー

アルバムトップ : まちかど教室 :  Total:38

これからの「まちかど教室」 Total:1 (1)
広報用ポスターで振り返る「まちかど教室」 Total:6 (6)

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 10 番を表示 (全 31 枚)(1) 2 3 4 »


まちかど報告書 【第26回】  誰でもできる、演劇ワークショップ高ヒット

まちかど報告書 【第26回】  誰でもできる、演劇ワークショップ
【第26回】  誰でもできる、演劇ワークショップ
         ≪第3回 稽古場体験、役者をやってみる≫

日時:2005年10月26日(水) 18:00〜21:00
講師:沖直子 氏
講師補佐:本野春夫 氏

<講座概要>
舞台で演技する役者はどんな稽古をしているんだろう?第3回目にははじめて演出が登場します。自分だけでは出てこない動きや感情を相手や演出の力を借りて探り、台本のシーンを演じてみましょう。うまく演じることよりもいつもより感情豊かな自分を感じることが目標です。(参加者10名+見学者2名)   

<講師・スタッフのコメント>
最後のプログラム「台本を演じる」では、2人シーンの発表をする事にしていた。各ペアがリラックスして稽古をし、発表するために、稽古はパーティションで区切って集中できる空間を作ることにした。新しい参加者を受け入れようとする雰囲気がとても理想的で、(定員で参加できなかった見学の方々にも台本に挑戦して頂いたため)、人前で演じる抵抗もなく、稽古は自主的に行われた。こちらから「どうしたい?」と聞けば「こうしたい」との明確な意志が返ってきて、アドバイスをすると途端に良くなったりした。少ない回数でも今までの積み重ねと、誰でも持っている演劇の力を感じた。最後の発表は舞台と客席を分けて行った。台本を手に持ちながら動きもつけ、組によってはアドリブをしたり、場面設定をした上で照明も使ったり、感情や状況も伝わってくるものがあり「演出」としての立場から、ぜひあと何回か稽古してみんな役者で1度人前に立つという経験をしてみて欲しい、との想いが湧いた。
終了後、全員で打ち上げに行った。高校1年生から4児の母でもある大学係長まで気兼ねなく打ち解けて話しているのは、良い光景だった。シーンの感想や稽古の希望といった役者的な発言から「日常の人間関係づくりにもとても役立つと感じた」「みんなに出会えて本当によかった」といった声も聞くことができ大変感激した。そして全員一致の意見で、MLを作り、今後の活動方法を探っていくことになった。
その後、観劇や演劇サロンなどで10回位集まったところで、1月からの稽古を予定した。公演に向けた稽古か、長期的なワークショップか、進め方を模索中である。
「まちづくり」は「人つなぎ」であり、人の輪を作る力のあるワークショップ、「演劇」はまちづくりに充分活かせる、と実感することができた。講師をさせて頂いたことで、今まで想像でしかなかった「演劇の力」を再発見し、今後の自身の演劇活動、また仕事の上での「まちづくり」に大きな希望が持てる講座となった。

[投稿者]okinaoko [更新日]2008-3-28 16:58 

まちかど報告書 【第25回】   誰でもできる、演劇ワークショップ高ヒット

まちかど報告書 【第25回】   誰でもできる、演劇ワークショップ
【第25回】   誰でもできる、演劇ワークショップ
          ≪第2回 小さな冒険、自分からちょっと離れる≫ 

日時:2005年10月19日(水) 18:00〜21:00
講師:沖直子 氏
講師補佐:本野春夫 氏 

<講座概要>
第1回目で自分の感情の流れを意識してあげることができるようになったら、今度は自分の意思で意図的に感情を動かしてみましょう。それによって自然に動いた表情・しぐさ・動作が「演技」と呼ばれるものだと思います。   

<講師・スタッフのコメント>
 第2回目は前半のメニューをあまり変えずに行った。講師含め12名の輪が出来つつあること、1回目を終えて意欲が高まったことがあり、スムーズに進む。参加メンバーの個性はより見えてきた。しかし「その日の自分」でメニューに取り組む分、全体の空気がメンバーの状態をそのまま反映するものとなり、結果としてこの日のあるプログラムは早くも「まったり」といったメリハリの薄い状態にもなった。しかし、メンバーとしては不慣れな「演劇」のなか2回で「普段の自分」が現せる場になったのだから大変な進歩だと思う。ただ、講師としてはそのリラックスを役者的な集中に繋げていきたい。後半は内面重視のメニュー「サンシャイン(動く陽射しを感じとる、イメージ瞑想に近いもの)」「ファーストコンタクト(1人ずつ向かいの相手にゆっくりと近づく、2人のただ出会うシーンを見守る)」を初めて行った。最後に輪になって行う1人ずつの感想で、演技といっても特別なことが必要なわけではなく、2人がただ出会ってすれ違うだけでも充分それぞれなにを思っていたかよく分かった、の言葉がとても嬉しかった。時間的なプッシュやメニューを消化しきらなくても切り替える判断など、講師として反省点も多かったが、ワークショップ以外でもメンバーはコミュニケーションをとるようになり、はじめた当初は思いもよらなかったが、この3回で終わるのは惜しいと皆が感じる輪が育ってきた。

<受講者の感想>
・行く前は不安でいっぱいでした。でも私は死ぬ前に1度でいいから「演じる」ことをしてみたかったから、ついにその夢がかなうんだ、ととても興奮しました。やってみて演じるということはまったくいつもの生活から切り離されたものではなく、普段人と接し、人とすれちがい、人と向かい合う、その「日常」の延長線上にあるものなんだということがよくわかりました。今日の感覚はその線の上をすこし進むことができた、という感じでした。それは私にとって何よりの感動でした。とにかく楽しかった!

[投稿者]okinaoko [更新日]2008-3-28 16:55 

まちかど報告書 【第24回】  誰でもできる、演劇ワークショップ 高ヒット

まちかど報告書 【第24回】  誰でもできる、演劇ワークショップ 
【第24回】  誰でもできる、演劇ワークショップ 
≪第1回 わたしで遊んで自分を発見!≫

日時:2005年10月12日(水) 18:00〜21:00
講師:沖直子 氏
講師補佐:本野春夫 氏 (役者・東京キッドブラザース出身) 

<講師略歴>                            
美術スタッフ・保育士のち大阪芸術大学文芸学科入学。中・高国語科教諭免許取得の傍ら小劇場演劇に出会い海外公演映像技師・劇評ライター・公演プロデュース等経験。29歳から役者本格始動。2005年「夜行花」演出。現在一橋大学まちづくり調査室勤務、小劇場役者(フリー)。

<講座概要>
「演じる」ことのできる人は、特別な才能のある選ばれた人? いえいえ、実は感情も話も動作も、ふだん自分が何気なくやっていることばかり。まずはそんな自分の自然を見つけることが一番大切です。見つけ方はリラックスする。とにかく遊ぶ!心と身体を自由に使ってみたら、いつもよりずっと自然で感情豊かな自分のなかの役者に出会えるかも知れません。連続3回講座(参加者3回共通10名)  

<講師・スタッフのコメント>
 「演劇」を観ることはもちろん、特に演じる機会はほとんどない現状でこの講座を市民向けに開講することは、大変意義のある新鮮なチャレンジだった。講義ではなく実際にやってみることを目的とした3回連続のワークショップは「しずかな劇」と呼ばれる特別、肉体・発声・表現を必要としない日常的な動作を意識する演劇の手法で行った。そして講師は教えるのではなく「ファシリテーター」として参加者の自発的な表現を促がす役割となることを目指した。ほとんどの方が初心者だったので、初回はコミュニケーションを重視。ゲームをしながら名前(呼ばれたい名前を各自胸につけている)を覚えたり、部屋の広さや今いる人たちを感じながら歩きアイコンタクトをとって出会う、などの軽いメニューから入った。初めは不安そうな人も、間違えた人を称える(拍手する)というルールに慣れると序々に緊張がほぐれ演劇的なメニューにも抵抗なく取り組んでやっていた。最後に、二人組で見えないボール投げあい、次にボールに代えて言葉を渡しあうと、自然にリアルな感情を渡しあいそのシーンが無理なく続いていった。例えば「本当に大丈夫?」の場合、それを体調的な意味でとった組もあれば、人生全体の事と真剣だったり、悩み相談に向き合う女友達だったり、まるで会話劇の一場面のようにその場で生まれた状況を感じあい紡いでゆく珠玉の瞬間を見ることができた。演劇という表現は訓練を積む役者だけの特殊なものではないことが、講師・参加者に実感を持って感じられた実りある一回だった。

[投稿者]okinaoko [更新日]2008-3-28 16:47 

まちかど報告書 【第23回】  宇宙はあなた自身です!高ヒット

まちかど報告書 【第23回】  宇宙はあなた自身です!
【第23回】  宇宙はあなた自身です!

日時:2005年9月10日(土) 14:00〜16:00
講師:斎藤紀男 氏

<講師略歴>
 東京農工大学卒、カリフォルニア工科大学航空学科修士課程修了。日産自動車(株)勤務を経て宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構JAXA)へ。ロケット・人工衛星・国際宇宙ステーション開発から地球観測までの幅広い宇宙関連業務に関わり、現在は子どもたちの宇宙への夢を育てる(財)日本宇宙少年団「YAC」の活動を率いている。  

<講座概要>
 人はなぜ、広大な宇宙にこれほど魅せられるのでしょうか。宇宙の神秘は「私たちはどこから来たのか」という謎とも深く結びついています。ブラックホールや超ひも理論など、現在わかっている最新の宇宙基礎知識、さらに、世界の宇宙開発の現状についてもお話します。

<スタッフのコメント>
この春、最新宇宙論を特集したTV番組が評判になったことや国産のロケットの打ち上げに久々に成功したことから企画された宇宙シリーズ第2回。7月にディスカバリーで見事大役を果たした野口飛行士が所属するJAXAで長年活躍されていた斎藤さんには市民の個人的なつながりで、はるばる都心から来ていただいた。「人体の構成要素(O・H・C・N)はそのまま宇宙の構成要素と同じであること、つまり私たちはみんな星の子どもであること」からスタートした講義は、とてつもない宇宙の大きさをはかる数字の世界に突入。メガ、ギガあたりは最近親しい単位だが、さらにテラ(10の12乗・10兆)、ぺタと想像の範囲を超えていきそうなところで講師が取り出した直径10センチのボール。これを地球とすると、太陽は直径10メートルにもなるひも、延々教室外にものばして大きさの違いを体感する。その太陽が激しく燃えながら回転しているリアルな映像には畏怖を感じるほどの迫力があり、日ごろ私たちが見ているあの親しい朝日や夕日なのだという事実にめまいがした。宇宙原理と人間原理の接点、先端分野と市民生活との橋渡しとしての身近な宇宙論としてわかりやすかった。
これからはますます価値観のリセットが必要な時代、人間らしさ(心)と宇宙(科学)をバランスさせる「宇宙する心」が大切だという最後の言葉が印象的であった。

[投稿者]okinaoko [更新日]2008-3-28 16:36 

まちかど報告書 【第22回】  星でない天体?! ―メシエカタログ―高ヒット

まちかど報告書 【第22回】  星でない天体?! ―メシエカタログ―
【第22回】  星でない天体?! ―メシエカタログ―

日時:2005年9月3日(土) 16:00〜18:00
講師:中嶋浩一 氏

<講師略歴>
1942年生。東京大学理学部物理学科天文学課程卒業。一橋大学大学院社会学研究科教授。位置天文学・データベース天文学。著書に『現代総合科学教育大系、第1巻、宇宙・銀河・太陽系』(講談社)、『まわる地球(自転と公転)』(ポプラ社)、『サイエンス・ミニマム10 ++』(培風館)等。一橋大学で担当している教養ゼミ(天文ゼミ)は、毎回抽選となるほどの人気授業である。

<講座概要>
広大な宇宙空間に浮かぶのは、星だけではない。「メシエカタログ」そこには、星雲、星団、銀河といった、星ではない天体が顔を揃えている。近代の大望遠鏡による「星雲」の写真を見ながら、私達の頭上で囁かれる宇宙のメッセージに耳を傾ける。

<スタッフのコメント>
メシエカタログの望遠鏡写真スライドショー約100種を、解説を交えながら1時間かけて鑑賞(=メシエ・マラソン)。冗長にならないか心配したが、講師は丁寧な語り口で話の引き出しも多く、受講生はみな集中していた。続く質疑応答でも、ネット接続したパソコンから画像を取り込むなど、全体を通して視覚に訴える分かりやすい講義となった。終了後の天体観測は天候不良のため十分ではなかったが、望遠鏡に触れる機会は貴重であったし、全員が輪になって空を見上る事で、講師も含め参加者同士の距離をかなり近づける事ができた。長野や山梨への天体観測ツアーをぜひ開催したいものである。

<講師のコメント>
みんなで山に行って観測会が出来たら良い。機会があれば開催しても良い。

<参加者のコメント>
・天気が悪くて星が見られなかったのは残念だが、滅多に触れられない望遠鏡を覗く事ができてとてもうれしかった。
・通りすがりの人も一緒に観察して、楽しかった。

[投稿者]okinaoko [更新日]2008-3-28 16:35 

まちかど報告書 【第21回】  スポーツ産業の発展と日本のスポーツの未来高ヒット

まちかど報告書 【第21回】  スポーツ産業の発展と日本のスポーツの未来
【第21回】  スポーツ産業の発展と日本のスポーツの未来

日時:2005年8月5日(金) 17:00〜19:00
講師:岡本純也 氏

<講師略歴>
一橋大学大学院商学研究科助教授。専門はスポーツ産業論・身体文化論。主な論文に、「実践教育における正統的周辺参加」(一橋大学スポーツ科学研究室研究年報)など。

<講座概要>
我々の生活に入り込んでいるスポーツは今や大きな産業となり商品として市場で取引されている。この傾向が強まってきたのはここ20年の事だが、今後は一層スポーツのビジネスとしての側面が重要となる。スポーツ産業化の歴史を振り返り、その原因や現在の問題点、日本のスポーツの未来について考える。

<スタッフのコメント>
 今や世間話のネタであり、一大産業である「野球」も、そのはじまりは学校教育の一環であった。本講義では、スポーツが心身の鍛錬や、技術を競うものであるという以上に、見てやって楽しむ娯楽として発展し産業化していくまでの歴史を、スライドを用いてたどった。また、科学技術や情報化が進む中、プロ野球やJリーグといったスポーツがメディアを横断して巨大化する一方、個人が地域で小規模に楽しむスポーツも増えており、そのようなスポーツを、産業という切り口から紹介した。地域活性化に関連する内容もあり、スポーツとまちづくりの結びつきを考えさせられた。

<参加者のコメント>
・今までスポーツというと野球やサッカーなどしか思い浮かばず、自分は興味がないのであまり関係がないと考えていたが、ちょっとした柔軟体操やジム通いも立派なスポーツであるとの事。人々のライフスタイルが多様化するにつれて、「スポーツ」の裾野もどんどん広がっていくのだなあと実感しました。

[投稿者]okinaoko [更新日]2008-3-28 16:31 

まちかど教室 【第20回】  スポーツ・メディアとメディア・スポーツ高ヒット

まちかど教室 【第20回】  スポーツ・メディアとメディア・スポーツ
【第20回】  スポーツ・メディアとメディア・スポーツ

日時:2005年8月2日(火) 19:00〜20:30
講師:早川武彦 氏

<講師略歴>
1942年生まれ。東京教育大学体育研究科修士課程修了。学校体育研究同志会常任委員長。一橋大学大学院商学研究科教授。スポーツ産業論・スポーツ社会学。著書に『地球時代のスポーツと人間』『スポーツは誰のために』(大修館書店)、『地球時代の運動文化と人間』(一橋大学研究年報・人文科学研究32)ほか。

<講座概要>
スポーツのテレビ放映はますます関心を高めている。しかし、私達がそこで見ているのは、実際のスポーツとは違う、メディアによる様々な加工を経た「メディア・スポーツ」である。この傾向は今後更なる変化を示すと思われる、これらについて、テレビメディアが担うべき役割をベースにスポーツの楽しみ方、私達が起こすべきアクションを考える。

<スタッフのコメント>
サッカーやバレーボールのテレビ中継を題材に、放送局・プレーヤー・コミッショナー・ファンの活動がスポーツ中継に与える影響を様々な方向から検討した。生中継と称したスポーツ中継が、実は時間差放映や録画である場合が往々にしてあるという事実は衝撃であった。メディアが目まぐるしく発展し続けている現代においては、視聴者側の能動的な活動でスポーツはいかようにも変わっていくのだという実感を抱いた。
講師渉外の際の感触から面白いテーマである事は分かったが、それを上手く広報できるかが問題であった。特に「メディア・スポーツ」という単語は一般的ではないため、難しかったが、実際の講義には興味深い話題がたくさんかなり出てきた。質疑応答では、活発な意見交換が行われた。

<講師のコメント>
・時間や機会があれば、実際に試合を観戦しながらの講義をやると面白い。

<参加者のコメント>
・身近な話題でも見方が変われば全然知らない事だらけで、新鮮だった。

[投稿者]okinaoko [更新日]2008-3-28 16:30 

まちかど報告書 【第19回】  おいしいワイン、はじめの一歩高ヒット

まちかど報告書 【第19回】  おいしいワイン、はじめの一歩
【第19回】  おいしいワイン、はじめの一歩

日時:2005年7月26日(火) 15:00〜17:00
講師:山井賀雄 氏

<講師略歴>
 リストランテ国立文流店長、日本ソムリエ協会認定ソムリエ

<講座概要>
気分やメニューに合わせたワインを自由に選べるようになったら、食事がもっと楽しくなるはず。ソムリエの実技を交えながら、選び方・飲み方、至れりつくせりのワインのいろはをご紹介します。※ワイン・チーズ等実費¥2500【要予約、定員制】

<スタッフのコメント>
 好評企画・国立文流第2弾。しかしこの日は大型の台風上陸!開講をためらうほどの悪天候だったが、スタッフの心配をよそにほぼキャンセルなしの16名の方の参加となった。なかには同じ商店街内の酒屋広島屋さんの顔も!ワイン基礎知識は講義形式のかしこまったものではなく、山井氏はワインをさすがソムリエの手捌きで開けながら、1番簡単な合わせ方は色、赤ワインには赤の食材、白ワインには白、肉は赤で白身魚には白です、等説明。講義が終わると、4種類のワインとチーズに舌鼓みを打っていた参加者同士はワイン談義に花を咲かせ、講師への質問も活発であった。「知識」を渡すのではなく交流の「場」を提供するのもまちかど教室の役割と実感し、今後のスタイルを模索(講義と質疑応答の間にドリンクタイムをはさみ、参加者同士の交流を促す形へと変更予定)する良い機会となった。台風の猛威をものともせず、盛り上がった参加者は隣の≪cafeここたの≫で談笑を続けていた。中止しなくて本当に良かったと、スタッフ一同は胸をなでおろした。

<参加者のコメント>
・ソムリエの手さばきを間近で見ることができて良かった。
・ ワインの飲み方そのものだけでなく、古くなって味の落ちたワインをどうやって楽しめば良いかといったお話がとても新鮮でした。教えていただいたワインのカクテルを自分でも作ってみたいと思います!

[投稿者]okinaoko [更新日]2008-3-28 16:23 

まちかど報告書 【第18回】  バードハウス ―野鳥と仲良しになる暮らし―高ヒット

まちかど報告書 【第18回】  バードハウス ―野鳥と仲良しになる暮らし―
【第18回】  バードハウス ―野鳥と仲良しになる暮らし―

日時:2005年7月10日(日) 16:00〜18:00
講師:井筒明夫 氏

<講師略歴> 
青山学院大学文学部英米文学科卒。北海道東海大学非常勤講師。セゾングループの開発・建築担当役員を経てノール・インターナショナル・ジャパン代表取締役。退任後は主に北海道東海大学非常勤講師として現代デザイン論、余技のバードハウスに関する研究を講演。国分寺市在住。著書に「バードハウス 野鳥たちの楽園」(光文社新書) 
関連URL バードハウスフィーダーミュージアム http://www.k3.dion.ne.jp/~bird/

<講座概要>
バードハウス」は文字通り、鳥の家のこと。庭の木にバードハウスをかけて、野鳥に親しむ人が6500万人もいるというアメリカ。小鳥たちの自由な営みを身近に感じる暮らしは、仕事に疲れた心身を癒し、人間も自然の一部という真実を思いださせてくれます。カラフルでユニークな世界のバードハウスをスライドでたっぷりご紹介します。

<スタッフのコメント>
講師は野鳥の専門家ではないが、仕事のかたわら独自に取り組んできたというバードハウス・バードフィーダー研究の日本における第一人者。ちょっとした工夫があれば、小さな家の庭にもやってくるたくさんの種類の小鳥たちの姿、そのさまざまな珍しい生態を、厳選した400枚ものスライドで紹介してもらった。その中心となるバードハウスは、単なる巣箱の域を超えて色も形も素材も自由。ユニークなデザインのアートとしても楽しめるだけでなく、一羽のシジュウカラが年に食べる虫は13万匹というから、農薬を使わない環境づくりとしても奨励されるべき価値がある。個人の家だけでなく、学校や公園でもこのバードハウスを広げられたら、自然と親しかった時代のささやかな喜びを地域においてとりもどすことができそうだ。講師自身が小鳥と親しむ日常生活の豊かさ、素朴な贅沢さに、子どもも含めて参加者は一同感動していた。当日は、横浜において、大規模な講師の関連イベントが重なっていたにもかかわらず、当教室を優先して下さった。

<講師のコメント>
地域の学校でも、どこでも、およびがあれば、スライドもって講演に伺います。バードハウスの楽しさをご理解いただければうれしい。

[投稿者]okinaoko [更新日]2008-3-28 16:18 

まちかど報告書 【第17回】 ネコとヒトとのベストな関係を考える高ヒット

まちかど報告書 【第17回】 ネコとヒトとのベストな関係を考える
【第17回】 ネコとヒトとのベストな関係を考える

日時:2005年7月3日(日) 14:00〜15:30
講師:加藤由子 氏

<講師略歴>
1949年生まれ。日本女子大卒。生物学(動物行動学)専攻。ヒトと動物の関係学会理事。移動動物園職員・多摩動物公園・上野動物園の動物解説員を経て、動物関係のライター・エッセイストとして活躍中。著書に『うちの猫に限って』『雨の日の猫はとことん眠い』(PHP)、『ゾウの鼻はなぜ長い』(講談社ブルーバックス)、『どうぶつのあしがたずかん』(岩崎書店)、『クジラも海でおぼれるの?』(偕成社)、『ネコスタシー』(日本出版社)ほか。

<講座概要>
猫の室内飼いが増えてきました、でも「かわいそうだから仕方がない」と思いながら室内飼いにしている人はたくさんいます。「それは猫本来の姿ではない」と感じている人もたくさんいます。違うんです。室内飼いでこそ猫は幸せに暮らせるのです。行動学的に猫の室内飼いを考えてみましょう。

<スタッフのコメント>
講師の「猫を飼っていらっしゃる方は挙手をお願いします」との質問に、会場は高く掲げられた手のひらで埋め尽くされた。「家族の一員」に対する、受講生たちの強い関心が伺えた一瞬であった。猫は本来、広いテリトリーを必要とせず室内飼いが猫の野生をそぐものではない事、昨今の道路事情や社会状況から見たメリット、そして室内飼いによって生まれる飼い主との深い絆について、受講者を諭すかのように熱く語る。講師宅の猫のスライド写真が壁に写し出されると、ホール内に「かわいいー!」という声が上がった。
広く興味を持たれるテーマであった点、常識を覆す問題提起、共同開催「猫展」のイベントの一環という位置づけでの共同広報(従来の手段に加え、DM、携帯電話の情報配信サービス、ペットショップへのポスター配布)が功を奏し、猫展のアート作品がところ狭しと並ぶ中、満場の来客となった。質疑応答タイムには次々と質問が上がり、講師のサイン入り著書も完売。

<参加者のコメント>
・いままで室内飼いの猫に申し訳ない気持ちでいたので、大変驚きだった。猫の事をより深く知ることができ、絆を改めて意識した良い機会になった。

[投稿者]okinaoko [更新日]2008-3-28 16:12 


1 番〜 10 番を表示 (全 31 枚)(1) 2 3 4 »










Copyright 2005 人間環境キーステーション All Rights Reserved. RealUnreal