HOME NEWS FORUM PHOTO GALLARY EVENT CALENDER LINK FAQ CONTACT
検索
メインメニュー

アルバムトップ : まちかど教室 :  まちかど報告書 【第23回】  宇宙はあなた自身です!

[<     1  2  3  4  5  6  7     >]

まちかど報告書 【第23回】  宇宙はあなた自身です!
まちかど報告書 【第23回】  宇宙はあなた自身です!高ヒット

【第23回】  宇宙はあなた自身です!

日時:2005年9月10日(土) 14:00〜16:00
講師:斎藤紀男 氏

<講師略歴>
 東京農工大学卒、カリフォルニア工科大学航空学科修士課程修了。日産自動車(株)勤務を経て宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構JAXA)へ。ロケット・人工衛星・国際宇宙ステーション開発から地球観測までの幅広い宇宙関連業務に関わり、現在は子どもたちの宇宙への夢を育てる(財)日本宇宙少年団「YAC」の活動を率いている。  

<講座概要>
 人はなぜ、広大な宇宙にこれほど魅せられるのでしょうか。宇宙の神秘は「私たちはどこから来たのか」という謎とも深く結びついています。ブラックホールや超ひも理論など、現在わかっている最新の宇宙基礎知識、さらに、世界の宇宙開発の現状についてもお話します。

<スタッフのコメント>
この春、最新宇宙論を特集したTV番組が評判になったことや国産のロケットの打ち上げに久々に成功したことから企画された宇宙シリーズ第2回。7月にディスカバリーで見事大役を果たした野口飛行士が所属するJAXAで長年活躍されていた斎藤さんには市民の個人的なつながりで、はるばる都心から来ていただいた。「人体の構成要素(O・H・C・N)はそのまま宇宙の構成要素と同じであること、つまり私たちはみんな星の子どもであること」からスタートした講義は、とてつもない宇宙の大きさをはかる数字の世界に突入。メガ、ギガあたりは最近親しい単位だが、さらにテラ(10の12乗・10兆)、ぺタと想像の範囲を超えていきそうなところで講師が取り出した直径10センチのボール。これを地球とすると、太陽は直径10メートルにもなるひも、延々教室外にものばして大きさの違いを体感する。その太陽が激しく燃えながら回転しているリアルな映像には畏怖を感じるほどの迫力があり、日ごろ私たちが見ているあの親しい朝日や夕日なのだという事実にめまいがした。宇宙原理と人間原理の接点、先端分野と市民生活との橋渡しとしての身近な宇宙論としてわかりやすかった。
これからはますます価値観のリセットが必要な時代、人間らしさ(心)と宇宙(科学)をバランスさせる「宇宙する心」が大切だという最後の言葉が印象的であった。

[投稿者]okinaoko  [前回更新]2008-3-28 16:36 

[<     1  2  3  4  5  6  7     >]










Copyright 2005 人間環境キーステーション All Rights Reserved. RealUnreal