HOME NEWS FORUM PHOTO GALLARY EVENT CALENDER LINK FAQ CONTACT
検索
メインメニュー

アルバムトップ : フェアトレード班 :  Total:1


フェアトレード班 2005冬学期 活動報告高ヒット

フェアトレード班 2005冬学期 活動報告
☆まちづくり2005冬「フェアトレード班」です☆

【冬学期の全体目標】
・Kunitachi Fair Trade Town Project
・フェアトレード=途上国支援を目的とした貿易
この二つを軸にした活動を計画しました。

【目標の達成に向けた具体的なアクションプラン】
1.一橋祭でのフェアトレードカフェの出店
2.一橋大学生協へのフェアトレード商品の導入
3.国立のコーヒーショップや雑貨店などへの商品お導入
4.学内や国立の公共施設を利用した、フェアトレードに関するセミナーの開催
5.地方自治体、公共施設への商品の導入
6.地域のコミュニティと協働したPR活動
を設定しました。

【現時点で実行したアクション】
◆一橋祭でのフェアトレードカフェの出店「Café Fair fair」(2005年11月4〜6日)
2003年から2年の実績がある企画をまちづくり授業とのコレボレーションで実施しました。
「商品(食品)の充実」、「展示物の作成」を特に工夫し実施。店舗の位置や天候の影響で例年通りの人手が見込めるか懸念されましたが、後半からビラ配りに力を入れ集客に尽力しました。幅広い年齢の集客を目的としていたため、ゲストティーチャーを招き事前に何度もスタッフの勉強会を行いました。前年ほどの売り上げにはいたらずも、フェアトレードについて外部の方々から興味深い意見を頂く機会も多く、次回への良いステップとなりました。

◆一橋大学東生協へのフェアトレード商品の導入(2005年12月1日〜)
既に導入を実施している他大学、ショップへの事前フィールドワークを実施。取引先の選定に苦労しましたが、ネパリバザーロからコーヒー、紅茶、クッキー、雑貨(期間限定)などの仕入れを行うことになりました。A1×2のポスターを東生協前に設置、導入初日に試食会を行い、2ヶ国語対応のビラを配るなどPR活動を平行して行いました。またこの企画と連動してカフェ「ここたの」でのフェアトレード商品の導入を依頼、現在取り扱いが行われています。食品は人気のあるもの、ないものの差が徐々に出てきており、商品の選定について現在週2回のミーティングを実施しています。

【これからの活動】
一橋祭への出店、生協への導入を通じて今後の課題が浮き彫りになりました。ターゲットを絞ったマーケティングの実施、マスメディアを通じた広報活動、活動資金の捻出方法など挙げればきりがありませんが、アクション可能なところから一つずつクリアしていく計画です。現在進めているのはフェアトレード商品のケータリングサービス、東生協での商品数の拡大(仕入先を増やす)などです。また現在スタッフの4年生率が高いので、1、2年生のスタッフの充実と作業の効率化を今後進めていく必要があります。



[投稿者]fairtrade [更新日]2006-1-25 12:01 











Copyright 2005 人間環境キーステーション All Rights Reserved. RealUnreal