HOME NEWS FORUM PHOTO GALLARY EVENT CALENDER LINK FAQ CONTACT
検索
メインメニュー

アルバムトップ : 福祉班の活動 :  Total:4

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 4 番を表示 (全 4 枚)


福祉班冬学期活動報告高ヒット

福祉班冬学期活動報告
福祉班では、夏学期をアクションを起こすための準備期間と位置づけ、国立市社会福祉協議会や市福祉部長の永見さん、介護ショップ「ファミリー」の吉川さん、在宅介護の事業所「コスモス国立」の川田さんといった方々を訪ね、市の高齢者福祉の現状・学生が福祉に携わる上でのスタンス等についてお話を伺った。
その中で老人保健施設「国立あおやぎ苑」(写真)を訪ねる機会があり、事務長の古野さんから「学生のアイデアがほしい」という申し出をいただいたため、あおやぎ苑をひとつの活動拠点とすることを決める。
まずは学生と施設利用者の方々との交流の場を設けるため、クリスマスにあわせたイベントの開催を企画。古藤田先生のご支援もあり、クリスマスツリーに飾るコースターを共同制作する形になった。
イベント開催にこぎつけたのはよかったが、今後も交流を恒常的なものとすべく更なる企画を考えたい。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

題名:福祉班冬学期活動内容
福祉班は夏学期の間、国立市福祉部長の永見さんや介護ショップ「ファミリー」の吉川さ
ん、在宅介護の事業所「コスモス国立」の川田さんなど、市内で福祉の仕事に従事されてい
る方の元を訪ね、市の高齢者福祉の現状・学生が福祉に携わる際のスタンス等についてお話
を伺った。また、市主催のシンポジウムへも参加した。
冬学期はそこで得た内容を生かすため、実際に学生と高齢者との交流のアクションを起こす
ことを目標とした。取材の中で、市内の老人保健施設「国立あおやぎ苑」(写真)事務長の
古野さんから「学生のアイデアを借りたい」というお話を頂いたので、活動の場の1つとし
てこのあおやぎ苑を選んだ。
まずは学生と施設利用者の方々が顔を合わせ、親睦を深めることを目的としたイベントの開
催を計画、最終的には古藤田先生のご協力も頂き、クリスマスツリーに飾る木製のコースタ
ーを学生と利用者の方で共同で作る、という企画に落ち着いた。またこのイベントの開催に
当たっては、別の老人ホームでの屋上緑化の実績を持ち、このあおやぎ苑でもそれに取り組
む姿勢を見せている緑化班が、その前段階、ということでこのイベントに加わり、2班の共
催となった。
結果的にイベント開催を達成し、他班との横のつながりを作ったと言う点で十分な収穫が得
られたが、準備の手際や企画の不十分さが課題として残った。また、今回のイベントが単発
として終わるのではなく、今後も恒常的に続く学生と高齢者との交流の礎となるよう、更な
る活動の計画を立て、十分練り上げて実行することが必要となる。

[投稿者]fukushi [更新日]2006-1-13 11:18 

福祉班の1年間の活動高ヒット

福祉班の1年間の活動
福祉班は今年度新しく立ち上げられた班です。当初、班員それぞれは福祉について漠然とした関心は持っていたものの、まちづくり授業の一環としてアクションを起こすにはあまりにも知識不足な状況でした。そこで私たちは

夏学期:福祉従事者への取材による市の高齢者福祉の実態把握
冬学期:それを元にした市内の高齢者との交流活動を実施

という風に学期ごとの活動内容を定めました。
夏学期は国立市の永見福祉部長をはじめさまざまな方からお話を伺い、高齢者福祉に私たち学生が携わる上での心構え等について知ることができました。学期の終わりには、市主催のシンポジウムに参加したりもしました。
冬学期は、取材先の中から老人保健施設「国立あおやぎ苑」(写真)で班員と高齢者の恒常的な交流の場を作ることを目的とし、イベントの実施を企画しました。動けるメンバーの少なさが懸念されましたが、緑化班とのタイアップにより、12月中旬に、クリスマスリースに飾るコースターを両班員と施設利用者の方々とで共同制作するというイベントを開催するに至りました。
イベントを開催できたことはよかったのですが、この交流が単発で終わることのないよう、今後も交流の機会を定期的に設けられるよう努力していきます。

[投稿者]fukushi [更新日]2006-1-12 12:55 

国立あおやぎ苑高ヒット

国立あおやぎ苑
9月16日、市内の老人保健施設「国立あおやぎ苑」をメンバー3人で訪問した。詳しい内容については追って報告する。

[投稿者]fukushi [更新日]2005-9-25 0:49 

永見福祉部長高ヒット

永見福祉部長
7月15日、メンバー3人で国立市役所を訪ね、福祉部長の永見さん(写真左)にお話をお聞きした。内容は国立市の高齢者福祉施策の現状と、学生に求められる福祉活動について。基本的な構想があまり固まっていなかったため、こちらからはあまり質問できず終始受け身な姿勢だったのが悔やまれる。今後、われわれの要望に応じインタビューの相手を紹介してくださることになった。

[投稿者]fukushi [更新日]2005-7-15 18:40 


1 番〜 4 番を表示 (全 4 枚)










Copyright 2005 人間環境キーステーション All Rights Reserved. RealUnreal