HOME NEWS FORUM PHOTO GALLARY EVENT CALENDER LINK FAQ CONTACT
検索
メインメニュー

アルバムトップ : 概要 :  文部科学省選定「人間環境キーステーションとまちづくり授業」

[<     1  2  3  4  

文部科学省選定「人間環境キーステーションとまちづくり授業」
文部科学省選定「人間環境キーステーションとまちづくり授業」高ヒット

【授業の目的・必要性】
(1)全体
 市民社会の学である社会科学の総合大学としての本学は、<教養ある市民、市民的公共性と国際性を備えた専門人や政治経済社会のリーダー>を育成することを教育目標に掲げている。本事業は、社会に開かれた大学の一員としての学生たちが、主体的に地域社会においてボランティア活動に参加したり、市民や行政や企業との協働を体験したり、自らNPOを結成したり、起業するなどの実践を経験しながら、世代を超えた多様な出会いと社会実践の経験を通して成長していくことの支援を事業全体の目的としている。

(2)本年度
1.まちづくりの授業の充実・発展による「現場生成型」学習の展開
 本年度の「まちづくり授業」では、より多くの学生がもっとも身近な地域社会である国立のまちに対する関心を高めるよう一層工夫する。本取組の最大の特徴は、<現実問題の渦中で自我関与を高める「現場育成型」学習>であるが、国立のまちには市民生活、教育、福祉、環境、文化、産業、などに関する挑戦的な課題が山積しているにもかかわらず、学生たちはそうした現実問題との「対話」ができないでいる場合も多い。担当教員、授業アドバイザー、まちづくり調査室スタッフおよび「まちかど100人委員会」メンバーによる組織的な学生支援を通じて、自律的な「現場育成型」学習の歩みを始められる学生を増やしていきたいと考える。

2.コミニティビジネス起業講座を通じた学生の「マネジメント力」開発の試み
 本年度、新たな授業科目として、コミニティビジネス起業講座を開講する。同授業は、学生たちがビジネスの手法を活用して地域社会の問題解決に取り組む力を身につけることを目標としている。学生たちは商学、経営学、経済学、法学、社会学等の授業科目を通じて、ビジネスの特定の領域や機能を学習しているが、実際の事業の企画・運営に主体的に関わった経験を持たない者が大多数であり、ビジネスを構成する様々な要素や機能の関連性や全体構造の理解に難がある。こうした「マネジメント力」の不足は地域社会の問題解決に取り組む際にも当然弱点となる。この点は、これまでのまちづくり授業の取組の中で浮かび上がった課題であった。本年度は、学生の「マネジメント力」の強化を試みるとともに、来年度から本格稼動する学内における起業支援システムの研究を進め、学生起業の環境整備を図りたいと考える。


[投稿者]webmaster  [前回更新]2005-6-14 11:32 

[<     1  2  3  4  










Copyright 2005 人間環境キーステーション All Rights Reserved. RealUnreal